ドナーファミリーの集い 終了

第23回ドナーファミリーの集いは、
11月15日(日)をもって無事Web開催を終了しました。

ご覧下さった皆様、ありがとうございました。

最新お知らせ

2021年06月08日

篠崎先生 アジアアイバンク協会賞 受賞

日本内外でアイバンク制度の構築・確立に長年尽力されてきた篠崎尚史・前センター長が4月のアジア角膜学会にて日本人として初めて「アジアアイバンク協会賞」を受賞され、このニュースは産経新聞デジタル版(6月7日)や下野新聞(5月8日)に掲載されました。

2021年03月01日

ホームページ更新のお知らせ

東京歯科大学 眼科年次報告書2020が発行されました。
角膜センターの活動報告6ページと、市川病院眼科の22ページを当サイトからご覧いただけます。
 
https://eyebank.or.jp/about/annual-report/
 
「寄付者への感謝の言葉」「統計」のページも更新しました。

当研究会について

アイバンクは、提供者(ドナー)から眼球の提供を受け、移植者(レシピエント)に公平・公正にあっせんする機関です。主に角膜を扱いますが、強膜のあっせんも行っております。

厚生労働大臣から許可をいただき運営されている、公的機関でもあります。

  • ひとりでも多くの患者様に移植の機会を与える
  • 公平、公正にあっせんする
  • 安全な角膜を供給する

私たちは、これら三原則に基づき活動しております。