角膜センターアイバンク

アイバンクは、提供者(ドナー)から眼球の提供を受け、移植者(レシピエント)に公平・公正にあっせんする機関です。主に角膜を扱いますが、強膜のあっせんも行っております。厚生労働大臣から許可をいただき運営されている、公的機関でもあります。

・ひとりでも多くの患者様に移植の機会を与える
・公平、公正にあっせんする
・安全な角膜を供給する

私たちは、これら三原則に基づき活動しております。