研究部門

角膜センター研究部
図)角膜輪部上皮ニッチ長期培養中の細胞。
図)角膜輪部上皮ニッチ長期培養中の細胞。

研究部では臨床へのフィードバックを目指した様々な研究が行われています。角膜上皮の研究では、角膜周辺部に存在する幹細胞の障害により視力低下を来した疾患に対し、我々は角膜上皮幹細胞を含んだ培養上皮シートの移植を行っています。また、幹細胞を供給または復活させるために、角膜上皮の幹細胞とその幹細胞を維持するための環境(ニッチ)についての研究も行っています(図)。角膜実質は一度透明性を失って視力低下を起こすと、多くはその透明性の回復は困難で、限られたドナー角膜の移植が必要となります。ドナー角膜に依存しない移植を行うために、我々は人工的な角膜実質の開発にも取り組んでいます。その人工実質の細胞供給源として、口腔粘膜由来の間葉系幹細胞に注目し研究しています。この他、羊膜バンク設立や、他大学や企業とドライアイやアレルギーの共同研究も行っています。