献眼Q&A

Q 献眼に年齢制限はありますか?
A 角膜は、160年~180年間、その機能を保つと言われております。献眼に際し、年齢制限はありません。
Q 老眼でも提供できますか?
A 老眼(遠視)や近視は、水晶体のピント調整能力や眼軸(眼球の奥行)の影響で起こるものです。角膜移植を待っている方の多くは、角膜が光を通さない状態にあります。角膜が透明であれば提供できます。
Q 白内障の手術を受けましたが、それでも提供は可能ですか?
A 白内障や緑内障などの病気や、その治療のための手術を受けた場合でも、角膜が透明であれば提供していただけます。どなたから提供された場合でも、提供後に精密な検査を行い、移植に使用可能かを判断させていただきます。
Q 癌を患っていますが、提供できるのでしょうか?
A 基本的には可能です。ただ、眼内への癌転移がある場合や、白血病、悪性リンパ腫などの血液腫瘍の場合はご提供いただけません。
Q 死後、何時間提供が可能ですか?
A お亡くなりになられた後、12時間以内は提供が可能です。瞼が閉じている、気温が低いなどといった条件が整えば、24時間後くらいまで提供可能な場合があります。最終的には、状態を拝見したうえで判断させていただきます。
Q 子供など。特定の人に提供することはできますか?
A 残念ながら、現在、特定の人への提供希望が書面などにより確認された場合、一切の提供を受けてはいけないというルールになっております。ただし、このルールは臓器移植法の改正などによって見直される可能性があります。
Q C型肝炎でも腎臓を提供できると聞きましたが、角膜も提供できるのでしょうか?
A 角膜の場合、C型肝炎を発症している方、または持続感染者(キャリア)どちらからもご提供をお受けすることができません。角膜移植手術によって、他の感染症等を、患者様に持ち込まないというのが原則です。
Q 献眼登録をしていなくても提供可能ですか?
A 生前の献眼登録がなくても、死後、ご家族の承諾があればご提供いただくことかできます。献眼登録は、啓発活動の一環として実施しております。このことは、臓器移植法附則第4条によって担保されています。
Q 家族がいない場合、提供はできますか?
A 生前のご本人の提供意思が書面によって示されている場合、ご提供いただくことが可能です。献眼登録カードや、臓器提供意思表示カードを携帯していただくことで、意思を活かせる可能性が高まります。
Q 処置について教えてください。
A 日本の多くのアイバンクでは、全眼球摘出という方法で処置を行います。提供後の処置を清潔な環境で行うためです。1時間くらいのお時間をいただき、元通りの表情に整えます。
Q 提供後、顔が変わってしまうことはありますか?
A 提供前、表情をしっかり確認させていただき、処置には細心の注意を払います。提供後は義眼をのせ、丁寧にお顔を整えますので、外見上の変化はほとんどありません。
Q 提供することによって、すぐに葬儀が行えないことはありますか?
A 献眼は、死後12時間以内に行われることが一般的です。ですので、何日もお預かりする、葬儀の日程を遅らせていただくなどの影響はありません。
Q 提供することによって、金銭的な授受は生じますか?
A 提供に際しては、金銭的負担も、また報酬なども、一切発生いたしません。
Q 提供後、家族にはどのような報告がありますか?
A ご家族には、ご提供いただいた角膜を移植に使用させていただいたかどうか、また、どのような方に使用させていただいたかをご報告いたします。移植をお受けになられた患者様より、お手紙などが寄せられた場合、お名前などを伏せた形でお届けいたします。