拒絶反応について

角膜の移植後には、拒絶反応を起こさないための点眼薬が処方されますが、きちんと点眼していただいても、何らかの原因で反応が起きてしまう場合もあります。もし、拒絶反応が起きてしまった場合、早期に適切な治療を行う必要がございます。治療によって抑えることのできるもの場合が多く、すぐに再移植という訳ではありません。

次の症状が同時に診られた場合、眼科医の診察を受けてください。
目がかすむ 急な視力低下(霧視)
まぶしい 白目の充血

お問合せ
当院で移植をお受けになられた患者様には、コーディネーターが24時間体制で対応させていただきます。

コーディネーター24時間対応 TEL:047-324-1010